症状は早い

The women is woeful

性病の中でも有名なのは淋病でしょう。淋病に感染してしまう人の数は、性病の中でもトップ3に入るとまで言われています。淋病の感染の原因となる行為は、やはりセックスでしょう。性病なのだからセックスで感染してしまうのは当たり前だろうと思われるかもしれませんが、実は性病だからといってセックスで感染してしまうということはありません。例えばトリコモナスですが、これは銭湯やトイレの便座などから感染をしてしまう場合があるんです。トリコモナスの菌は乾燥している環境では行きていけませんが、水分のある環境ではしば、体外に出されたとしてもしばらく生きていくことが出来るのです。なので不特定多数が利用する銭湯や公共のトイレではトリコモナスに感染をしてしまうことがあるのです。だから1度もセックスをしたことがない人でも性病になることがあります。
淋病は主にセックスでの感染が多いです。粘膜接触で感染をしてしまうので、コンドームを付けずにセックスをすると危険です。しかし喉にも淋病の菌は感染をするので、フェラやディープキスなどのオーラルセックスでも感染していきます。淋病に感染をしてしまうと男性の場合は尿道炎になり排尿や射精をした時に痛みがあります。尿道から膿が出る場合もあります。なので淋病に感染をしたらすぐに分かります。女性はあまり症状が出ないので自覚しづらいです。
淋病には潜伏期間があります。しかし、潜伏期間といっても長くありません。早ければ数日の潜伏期間です。長くとも潜伏期間は1週間ほどなので、すぐに感染に気付けます。

curly-haired girl